スポンサードリンク
全国6,000軒以上の旅館やホテル、ペンション、貸別荘などが行きたい地域や温泉地などで簡単に検索できます。宿選びにお役立てください。予約もできます。 banner.jpg

2013年08月29日

田舎の家の敷地に自生している樹木

田舎の家の敷地、何も手入れなどしないので、庭というよりは原生林。
でも、この自然のままが好きなんです。で、この鬱蒼とした敷地に
生えている樹木はどんなものがあるのか、知っているものだけでも
調べてみました。

次に挙げたのが一応知っている樹木です。

コナラ・・・栗の木の仲間です。

・・・もちろんあの食べられる栗です。

カラマツ・・・かなり背の高い木が3本くらいあります。

山桜・・・5月ごろ綺麗な花が咲きます。

辛夷・・・これも春先に白色のとても綺麗な花が咲きます。

白樺・・・高原の象徴のような木。

ミズキ・・・いわゆるハナミズキとは別属。こちらがミズキ科の正統です。

山ツツジ・・・初夏に綺麗な朱色の花が咲きます。

ホウノ木・・・とても大きな葉と見事な白い花を咲かせます。葉をホウ葉焼きなどに使う木です。

ダンコウバイ・・・春、一番先に小さな黄色い花を付ける木。

コシアブラ・・・若葉は山菜として珍重されます。

タラの木・・・こちらも山菜の王様とも言われますが、だいたい地元の人に採られてしまいます。

コアジサイ・・・もちろんアジサイですが、自生種なので清楚な白い花が咲きます。
         ほのかな芳香もあります。

・・・夏の終わりから秋にかけて小さな赤い花が咲きます。

リョウブ・・・山地には珍しくない木ですが大きな木は7mくらいになります。

クマシデ・・・カバノキ科の木でかなり大きくなります。材は家具などにも使われます。

クロモジ・・・葉や枝を折ると、とても良い香りがします。高級楊枝になります。

ざっと知っている樹木だけでもこれだけありました。知らない木もいれると20種類を
越える木があると思います。自然に生える自生種は園芸品種と違い素朴な良さがあって
とても好きです。

写真は我が家のリョウブの花の蜜を吸いに来た「クロアゲハ」
望遠レンズで撮っているのでちょっとわかりませんが、この花の位置で3mくらいは
高さがあります。

2013.8.4_03sd.jpg

この記事は写真入りで親サイトにも加えようと思っています。
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 23:51| Comment(2) | 田舎の気候・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これだけの木があるとすると、おそらく、アオハダ、アオダモ、ウリカエデ、ウリハダカエデ、オトコヨウゾメ、ノリウツギ、は生えているでしょうね。
Posted by 山栗 at 2013年08月30日 07:53
山栗様

コメントありがとうございます。ご指摘の樹木のうち、アオダモ、ノリウツギあたりはありそうです。

山栗様のホームページも拝見させてもらいました。良いですね、清里で悠々自適の生活。早く私もそんな生活がしたいです^^
Posted by 管理人 at 2013年08月30日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。