スポンサードリンク
全国6,000軒以上の旅館やホテル、ペンション、貸別荘などが行きたい地域や温泉地などで簡単に検索できます。宿選びにお役立てください。予約もできます。 banner.jpg

2016年04月30日

ガスボイラーが直りました。

昨日のメールで田舎の家のガスボイラーが壊れて、ガス会社の人が今日修理に来てくれると書きましたが、少し前に電話があり、修理が終ったようです。家の中のリモコンからではないと作動の確認ができないんですが、直接スイッチをつないで試し運転をしてくれたようです。「普通に作動したみたいなので多分通常どおり使えると思います」とのこと。これでGW連休後半は田舎の家に行くことができそうです。良かった、良かった

写真は去年の写真ですが、田舎の家ではGWに桜が満開になります。
2015_05_2~6 (16)ps.jpg
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 12:34| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

また、ガスボイラーが破損

先週、仕事中に中部電力の人から電話がかかって来ました。電気料金のことかと思いきや、たまたま電気使用量を見に行った係りの人が「ガスのボイラーからかなりの量の水が出ていました」と教えてくれました。3年ほど前、もう4月で暖かくなって水抜きをしなくても大丈夫だと思って帰ったところ、寒い日に多分ガスのボイラーの中の水が凍ってボイラーの中の管が破損してしまったことがあります。その時は10年くらい使った機器だったので部品もなく、新しいものと交換しました。

今回も4月に帰ってくるときは水抜きはしてきませんでした。今回もまた同じことをしてしまったようです。水が流れっぱなしはボイラーにも良くないので、隣家の奥さんに電話をして水の元栓を止めてもらいました。こういう時に隣の方が定住されているんで、本当に助かります。感謝です。そして、下の街のガス会社の人に電話をして見に行ってもらいました。やはりボイラーの中の管が一部破損していたようです。部品取り寄せに時間がかかるので修理は4月30日くらいになるようですが、ガスのボイラーが使えないと風呂にも入れないし、あの冷たい水では洗い物さえ厳しいです。なので今回はGWの前半は行けませんが、ちょっとこちらでの用事があったので、まあちょうど良かったという感じです。

その箇所だけの修理で使えるようになれば良いなと思ってます。使えなければGWの後半も行けないですからね、なんとか直って欲しいです。
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 14:33| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

少しご無沙汰すると・・・・・

ここのところいろいろ用事があり、田舎の山荘へもちょっとご無沙汰しています。まあ、冬なら大丈夫なんですが、この時期ちょっと間を空けるとやっかいなのが、蜂の巣。一番危険なのはよく知られているスズメバチ。ただ、最近はスズメバチに巣を作られたことはありません。殆どがアシナガバチ、去年巣を作られて何箇所か刺されたことはこのブログでも書きましたが、刺されて一番痛い蜂はアシナガバチという説もあります。

そんなこんなで今度の週末あたり行って来ようと思っています。6月中に咲く綺麗でほのかな芳香のするコアジサイも今年は見ることができないかな・・・などと思っています。写真はそのコアジサイです。

2014_6_21_26sd.jpg

ラベル:コアジサイ
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 00:13| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

もう蜂の巣が・・・・・

少し前の記事でガス給湯器が凍結して壊れた話をしましたが、
こちらは新しい給湯器に交換してもらい、費用のほうもそれほどでは
なくて助かりました。

それはそうとこの前行った時に2階の屋根の下にもう蜂の巣が作られていました。
我が家は日当たりが良いのと、蜂にとって雨露しのげる屋根付きのバルコニー
があるので、蜂にとっては格好の営巣地のようです。すぐに落としてしまいましたが
これからの季節はちょっと注意です。バルコニーの屋根の下には、虫が来なくなるという
薬を噴霧してきましたが、どこまで効果があるかはわかりません。少し頻繁に行って
様子を見ないとダメかなぁ・・・などと思っています。

写真は今頃の季節に花を付ける「ミズキ」結構大木になります。
我が家の敷地にもありますが、今年はあまり花を咲かせませんでした。

2013.6.1_05.jpg
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 15:43| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

労を惜しむとお金を失う

4月23日の記事で、水道の配管の水抜きをしてこなかったことを
書きましたが、このために4月の寒い時にガスのボイラーの中の
水が凍ったらしく、この前GWに行った時ボイラーから水が漏れている
のに気が付きました。

ガス屋さんに来てもらいましたが、連休中なのでボイラーのメーカーも
休みです。一応普通に使用できるんですが、水漏れがひどくなって、
本体の基盤にも水が行くようになると動かなくなるとのこと。
休み明けに部品を交換してもらいましたが本体のほうからも
水漏れしているらしく、新品と交換することになってしまいました。

もう12年ほど使っているので経年劣化かもしれませんが、多分4月の
寒さでボイラーの中の水が凍結して故障の原因になったのだと思います。

ちょっとした労を惜しんだためにエライ出費となってしまいました。
これからは暖かいと思っても以前のように、11月〜4月までは、無条件で
水抜きをするようにしようと思っています。

写真は本日のお題とは関係ありませんが、5月3日の朝、道路側の2階の窓
から撮影した浴室の近くに生えているつつじの新緑。露出を落として
撮ったので緑色ではなく黒っぽく影のようになってパターン化した
模様のように写って面白い写真になっています。

IMG_0376cut.jpg



ラベル:水抜き
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 23:49| Comment(2) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

水抜き

水抜きとは、冬季水道管が凍って破裂したりすることのないように
家の配管の水をすべて抜くことを言いますが、今年は3月が異様に
暖かかったので、前回4月の初めに田舎に行った帰りに水抜きを
しませんでした。

ところがここへ来て毎日寒い日が続きました。ちょっと心配になったので
隣家の人にメールで聞いたところ、一昨日は季節はずれの雪がかなり
積もったとのこと。ただ、最低気温は−2〜3℃なので、留守中で
水を使わなくても管が破裂するようなことはないと思います。
とメールをもらいました。確かに春は最低気温が氷点下でも昼間は
真冬よりずっと気温があがるので、一時的に凍っても、融けてしまう
かなと思います。

ちょっと一安心なんですが、いつもは水抜きをしないのは5月〜10月の
半年だけ。今回はちょっと甘く見てしまいました。我が家の水抜きは
ちょっと手間がかかりますが、やはりこのちょっとした手間を惜しむ
のはダメなようです。GWはやっと桜の季節。やはり寒い所なんだなぁ
と改めて実感です。
ラベル:水抜き
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 12:52| Comment(2) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

鎧戸と広角レンズ

この前書いた、鎧戸のこと。

写真があまりよく見えないので、GWに行った時に
撮りなおしてきました。この写真なら良く見えると思います。
まあ、興味のない人にはまるでつまらないと思いますが、
とりあえずアップ。

鎧戸

なんか家がゆがんでいるように見えるって?
そうです。ゆがんでるんです・・・・・ハハハ
それは冗談ですが、広角レンズのゆがみですね。
広角レンズというのはレンズの屈折率を高めて広い範囲が
映るレンズなので、このように奥行きのある被写体を近接撮影
するとどうしてもゆがみが出てしまいます。

このゆがみを取ることができるのが大型カメラなどについている
「アオリ」という装置。これはレンズとフィルム面の距離を
ずらすことによって、人間の目に見えるように補正する装置です。
装置といっても単純なもので、フィルム面とレンズの間に蛇腹をつけて
アコーディオンのように、フィルム面の傾きを自由に操作できると
いうものです。

昔、学校のイベントなどの集合写真を撮影する時に、写真屋さんが
使っていた大きな覆い布の付いたカメラ、あれがそうです。

最近はデジカメにも電気的に補正する装置の付いているものも
あるようですね。今日はカメラの薀蓄を述べてしまいました。
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 00:08| Comment(2) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

水抜き栓の部品

寒冷地でやっかいなのが、冬季の水周りの凍結防止対策。

我が家ももちろん対策はしてありますが、その中でバスルームの
混合栓のこと。こちらは水抜き栓が3ヶ所付いていて、2箇所は
通常水漏れとかしないんですが、1箇所脇に付いているネジ式の
水抜き栓がたまに不具合が起きます。

これ、通常は小さな直径1センチほどのネジを締めておきます。
この状態では水は出てこないんですが、冬季水抜きをする時は
この栓を開けて水を抜きます。こうする事により戸外にある元栓を
閉めても室内にある配管の水を完全に抜くことができます。

何年か前、この栓を閉めているにもかかわらず、ここから水がほんの
わずかですが漏れるようになりました。水圧が結構強いので多分
どこかパッキンのようなものが経年劣化して漏れているものと思い
その時は、仕事関係の知り合いの水道屋さんに頼んでこの水抜き栓
ごとINAXからとりよせてもらいました。

直径2〜3cm、長さ3cmくらいの金属製の部品。スパナがあれば
自分で簡単に交換ができます。手数料込みで3,000円くらいでした。
そんなに高いものではないんで、その時はなんとも思いませんでしたが、
最近また閉めている時に水漏れがするようなりました。

で、今回はよくよく部品を見て調べてみたら、どうも直径5ミリくらいの
ゴム製のOリングのみを交換すれば良いということを発見。INAXから直接
取り寄せる手配をしましたが、パーツ代は数百円なのに送料が500円も
かかりましたが、注文してしまいました。

で、この前連休に行った時、下の街のホームセンターで念のため
この大きさの〇リングを探したら、あったんですね。メーカーは
「この大きさは特注だから無い」なんて言っていたのに、汎用性のある
ものだったんですね。120円で5個も入っていた!

ああ、損した。けれど、良い勉強になりました。

冬の寒さでゴムのパッキンなどはすぐにダメになります。
これでこの水抜き栓に関しては当分大丈夫!ということに
なりました。
ラベル:水抜き栓
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 00:19| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

田舎の家とDIY

田舎の家は、結構いろいろ自分でやらなくてはならないことが
たくさんあります。最近はあまり頻繁に行けないので、だいぶ
さぼっていますが、建てたばかりの頃は自分で工夫して、
いろいろな物を作ったりしてました。

その傑作(と自負している(~o~))のが玄関脇の窓の鎧戸。
ここは大工さんに頼んだんですが、無くても良いんじゃないか
とか言われて付けなかったんですが、表に面しているので
やっぱりガラス窓だけではちょっと無用心。
(写真は鎧戸を付ける前の窓)

yoroido1.jpg

で、自分で作ることにしました。窓枠のちょうど半分から
開く観音開きにすれば見栄えは良いのですが、内側から
閉められなくなってしまいます。それで左右の開き戸の
大きさを変えて作りました。寸方を測り、自分で図面を引き
ホームセンターでカットしてもらいました。

組み立ては簡単でしたが取り付けが大変でした。傾斜地で
足場が悪いので外からは脚立が立ちません。で、部屋の中から
の作業。やっとの思いで蝶番を取り付け、鍵もきちんとずれること
なく掛けられました。(写真参照)
樹の葉でちょっと見にくいですが。

yoroido2.jpg

写真はその鎧戸ですが、築10年経った今もずれることは無く
鍵穴もぴったりとはまります。なかなかよくできたと思っています。

PR:
神奈川県の鉄道ガイド
箱根登山鉄道
ラベル:DIY
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 13:41| Comment(2) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

様子を見に田舎へ

田舎の家の様子を見に行って来ました。

正月に行った時、トイレのロータンクの中の
ヒーターの電源を入れっぱなしにしてきたので、
もし、水が干上がっていると火災の虞もあるので、
見に行くことを決断(おおげさか)

冬場はいつもこのヒーターの電源は入れっぱなし
なんですが、今回のように2ヶ月以上も行かなかったことは
過去なかったので、ちょっと心配になりました。

往復のガソリンも心配でしたが、田舎の水道屋さんの
話しでは、ちょっと制限されているけど、満タンに給油して
くれる所もあるので、大丈夫だと思う、と言うので出発。

いつも通る国道は車の量が少ないのに、時々渋滞?と思いきや
営業しているガソリンスタンドに長蛇の列、片側車線をふさいで
います。高速もかなり車が少なく時々前後に1台も車が見えなく
なることも。ゴーストタウンならぬゴーストハイウェイという感じです。
高速の給油所はすべて閉鎖、どこか1ヶ所開いているところがありましたが、
緊急車両のみの給油と書いてありました。

田舎に着くとロータンクの水は大分少なくなってはいましたが、
まだヒーターの部分が少しだけ露出していただけで、なんとか
大丈夫でした。

下のスーパーに買い物に行きましたが、都会のスーパーと違って、
品物は普段とほとんど変わりなく置いてありました。客でごった返す
こともなく、いつもと変わりありません。自宅のほうのあの
スーパーの混雑と品薄状態は何なのか?と思いました。田舎は人が
少ないせいなのか、買占めなどする人はいないようです。

翌日、冬タイヤを普通タイヤに交換した足で、ガソリンスタンドに寄り
給油もしてもらいましたが、普通に満タンOKでした。
スタンドの人に聞いたところ「2,3日は給油量を制限しましたが、
そんなにあわてて給油に来る人もいないので、正常に戻しました」
とのこと。

田舎ほど車は生活必需品であるはずなんですが、この落ち着きは
何なのかと思いました。都会は人が多すぎるうえ、店舗の棚に
商品が無くなると、危機感を感じ、あわてて商品を買いあさる〜それで
また品薄状態になるという悪循環を生み出すようです。

帰る日の前日降っていた雨は、未明から雪になり
朝は一面銀世界になっていました。タイヤ替えたばかりなのに・・・
と思いましたが、帰る頃にはほぼ融けてしまいました。

春の淡雪

posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 23:37| Comment(2) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

土木作業

土木作業ってタイトルはちょっと大げさですが、
先日田舎へ行った時に家の周り、と言っても4角形の1辺
だけですが、溝堀をしました。

なぜ溝堀をしたかと言うと、隣家の人からのアドバイス
なんですが、傾斜地に建つ我が家のような鉄骨の土台を
使用している家は、その鉄骨が錆びたら土台がダメになって
しまいます。で、錆びさせないためには、鉄骨の下のコンクリートの
基礎が常に乾いた状態にしておかないとダメみたいなのです。
 
我が家のように土とコンクリートがフラットな状態だと
湿気が鉄骨に回りやすいので、少し溝を掘ったほうが
良いとのアドバイス。なるほど確かにそのとおり。で、

でさっそく溝堀りをしたというわけです。
ほんの10センチほどの溝ですが結構大変でした。
写真が掘った後のコンクリートと鉄骨の基礎部分です。

鉄骨の基礎.jpg
ソフトバンク
箱根の高級宿を探すなら
箱根/高級旅館・高級ホテル
丸の内ホテル
メルキュールホテル銀座東京
中川温泉 あしがら荘
神奈川県の鉄道ガイド
由布院温泉/格安旅館・格安ホテル予約ガイド
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 18:18| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

枝を切る

こんばんは。

田舎の家も建ててからもうすぐ10年です。家はボロいですが何とか建っています。建てた当初は、敷地に生えていた樹木をだいぶ切りました。家の前も大きな木を切られてしまったので、だいぶスカスカした感じでしたが、知らないうちに気が付いてみると今は鬱蒼と木がおいしげっています。

バルコニーの脇や前の雑木もだいぶ大きくなってきて、バルコニーの手すりに枝がかかるくらいに生い茂っています。木がぼうぼうと生えているの大好きなんですが、枝や葉がバルコニーに触れるようになってしまったので、虫の侵入を防ぐためにも少し枝先を切ってみました。

小さな剪定バサミでチョキチョキとやっただけなんですが、これが結構面白いんですね。植木屋さんが木を切りたがる気持ちがわかりました。普通の家の庭木でも植木屋さんに頼むとかなりチョンチョンに切られてしまいます。

田舎の家の周りの樹木はなるべく生えるにまかせておくようにしたいと思います。原生林のような感じが大好きです。
コンフォートホテル横浜関内
箱根仙石原温泉/湯屋 やまざくら
□愛媛県の良い宿を探すなら愛媛県の旅館ホテル検索
大阪のホットペッパー掲載店舗
山中湖ペンション&貸別荘セミカ
□徳島県の良い宿を探すなら徳島県の旅館ホテル検索
伊豆高原/貸別荘シスレー2
箱根湯本温泉 木もれびの宿 ふるさと
横浜Hostel Zen
草津温泉カップル向け良い宿情報
□北海道の良い宿を探すなら北海道の旅館ホテル検索
ホテルJALシティ横浜関内
モバオク
□福島県の良い宿を探すなら福島県の旅館ホテル検索
河口湖/貸別荘 蔵の宿松屋
由布院温泉 御宿 ゆふいん亭
布団 通販
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 23:53| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

水漏れ

皆さん、こんばんは。

本当にひさしぶりに田舎帰りをして来ました。

先週の金曜日の晩、夜中に着いていつものように
不凍栓のを空け、凍結防止ヒーターのコンセントを差し込む。
その間にストーブを付け、風呂にお湯を出し、布団をしいて
おく。

やれやれと思って、トイレに入ったら、なんと!
トイレの床に水が!
それもかなりの量。水漏れだぁ〜、その日はなんとか
ボロ布をあてがい応急処置。

床下の管から漏れているのかと思いましたが、水道屋さんに
見てもらったところトイレのロータンクの近くの管のジョイント
部分が寒さで劣化してたみたい。床下から漏れ出していたのでは
なくてまあひとまず安心しましたが、本当に寒冷地の水周りの
管理は大変です。

やっぱり冬もこまめに行かないとダメですね。


posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 23:34| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

水抜き

ここのところ東京周辺では12月とは思えない
暖かな日が続いていますが、12月ともなれば
長野は相当寒いです。

12月に入っていろいろ忙しくて里帰りもなかなか
できません。11月に行った時に配管の水抜きをして
きてよかったです。

水抜きという作業、冬も暖かい東京や横浜の人は
知らないと思いますが、寒冷地では水道管や水周りの管が
冬場は凍ってしまい大変なことになります。
凍結防止用のヒーターは当然付いていますが、いつもいないのに
これをつけておくのは電気代が高いのでもったいない。

で、水抜きという作業をします。
要するに配管の水を全部抜いておくわけです。
この作業がけっこう大変で、手順を間違えると完全に
水が抜けなくて配管が凍るなんてこともあります。

水抜きなんて東京や周辺の都市部では考えられないこと
ですが寒冷地ではあたりまえのことです。
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 18:49| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

建物の外壁塗装

ボロ家とはいえ、家を所有していると
メンテナンスが大変です。都会のマンションなら修繕積立金や、
管理費を払っていれば自分でやることはほとんど無いですが、
田舎の家となるとそうもゆきません。

去年、外壁の塗装がかなり薄くなってきてグレーの家が
木材の地の色の茶色になってきてしまいました。

で、塗装を業者さんにお願いしたわけですが、
これがけっこうな出費。
いつもいろいろお世話になっている工務店に頼んだので
まあ、都会の業者の見積価格と比べるとかなり安かった
ですけどね。これ、何が高いって「足場」設置費
なんですね。

自分で塗れるくらいの高さの低い建物に
すればよかったのですが、天井は高いほうが開放的だなどと
思って、かなりの高さのある建物にしたばかりに、とてもじゃないが
自分では塗れません。

このあたりもこれから田舎に家を建てる計画のある人は
よく考えて計画するようにしましょう。

それと塗料はご存知の方もいるかもしれませんが、普通の
ペンキではなくて「キシラデコール」という防虫剤の入った
塗料を塗ります。虫食いを防ぐためです。
虫歯にならないガムというのに、キシリトールというのが
入っているけど、あれと同じような言葉だと思います。
           
posted by アート(別名:とかいなかアーティスト) at 18:06| Comment(0) | 週末田舎の管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。